« HTPCマシンを組む | トップページ | HTPCマシンを組むその2 »

2010.06.27

3R SYSTEM HT-1100 GOLD

とりあえずケースの話から。HTPCをするにあたっていろいろツクモ等で実物を見たもののあまりよいのがなく、Webで調べたところ、この記事のケースがよさそうとめぼしを付けて、ネットでみてたら処分品で13Kで出てたので購入。
開封するとなんか普通にAV機器を買ったような錯覚に。
Ht1100_1
オモテ面。下にはUSBや音声プラグ、IEEE1394、カードリーダーとかついてます。良い。
Ht1100_2
裏面。全部金色。
Ht1100_3
中身。これを見ると広くて設置しやすそうな錯覚が…。
Ht1100_4
マザボ置いてみたところ。
Ht1100_5
ここまでは順調。
しかしこのあと苦労が。
1.電源がフロントのため、電源延長がくっついてるのだが、ケースに電源を置いてしまうと、電源のスイッチが触れなくなる。電源スイッチをいれた状態で抜き差しせざるを得ない。ちょっと気分的に微妙。
2.フロントパネルの様々な機器のためのケーブルがあるのだが、長さがギリギリで電源下を通すような形で取り回さないと届かない。最初に電源おいてからやったら届かなくて外すはめに。それ以降できあがりまでは電源は外に置いて作業しました。
3.HDDやDVDドライブはドライブベイをネジ6つ外してベイごと外してドライブ類を入れないといけない。結構面倒。
4.BDドライブの表面に金の飾り蓋を両面テープでつけるのだけど、そのまま付けると表面がすごくでっぱる。合わせるためにBDドライブを下げるとEJECTボタンが押せなくなる。仕方ないのでEJECTボタンに予備についてた両面テープで底上げしてボタンを押せるようにしました。
5.電源の熱気を外にだす為にファンが一個サイドにあるが、それの4P電源コネクタの取り回しが微妙。
6.電源を設置するとき床面から2個の突起で支えることになっているのだが、電源と合わず浮いてしまう。それを見越してか予備でゴム足がついていて、それをつけたらぴったりになった。
7.フロントを24PATXの延長コードのようなモノから取り出す作りになってるので、24PATX側がごちゃごちゃになる。
8.フロントのパネル用のコネクタにケースのPOWERスイッチコネクタをつなげて、パネルのスイッチをマザボのPOWERスイッチにつなぐということが、ケースのパネルソフトのCD-ROM内のPDFにしか書いてない。つーかこのケースのマニュアルは無いに等しい。しっかり隅までよまんとわからん。
9.付属ソフトはWindows7に対応してないようで動かない。公式?からダウンロードして解決。まあ、これは古い在庫ケースだから仕方ない。でもメーカーつぶれてたらソフトなしで終わってたかも。互換モード等でも動かせられなかったし。

ということで久しぶりの自作だったので時間かかったなあ。
で、こんな感じに。
Ht1100_6
OSを入れるところまでは問題なし、その後がこれがAMD初のせいかハマることいくつか…。

|

« HTPCマシンを組む | トップページ | HTPCマシンを組むその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2990/48733445

この記事へのトラックバック一覧です: 3R SYSTEM HT-1100 GOLD:

« HTPCマシンを組む | トップページ | HTPCマシンを組むその2 »