« 続・今日もT-MAX探し | トップページ | ヤマギワソフト館全焼 »

2004.02.09

精神のバランス

内容的にいつもと違い、欝な内容なので、そーいうのがイヤな人は読み飛ばしてください。

今日から会社。一発目から問題の会議。ほとんど総攻撃で撃沈。予想はしていたものの、こうまでくるとどうでもいい気分にも。

精神内科のカウンセリングを受けている件と現状の体調面などを、先生に言われたように上司にメールで相談すると、すぐ話を聞いてくれ、上司が精神内科の先生に現状の状態を確認すると言ってきた。
と、いうのも昔、自分のグループに居た人間がやはり、仕事面で体調を崩してまずい状態になり、そのときの
ことがあるので、早めに対応をしないとまずいと思ったらしい。

現状での仕事の立場、状況、今後、希望などをいろいろ聞いてもらい、移動で忙しいなか30分くらいは話合ってくれた。以前そうなった人は現在は前に出向してきていたのだが、自分の会社へ戻って仕事をしている。入社3年目くらいで一緒の仕事をしたことのある人で、現状の仕事場で2ヶ月一緒した後、戻っていった。

彼の席には現状の仕事とは関係ない、中小企業診断士やその他、文化系と言えるような本がたくさんあって、なんでこんなのあるの?って聞くと、これからはなにがあるかわからないからいろいろやっておいた方がいいし、可能性を広げておかないとという話をしていたが、上司から、転職とかを考慮した場合、なにか自分の領域を探すことをやれと言われたらしい。当時はその人がそういう状態にあるのを知らなかったので、見た雰囲気では全然そんな感じには見えなかったのだが、今となってはなんとなくわかる気がする。

上司からは、一番いい解は明日から休職という言葉が出たときはびっくりした。現状の仕事の担当を外れたとしてもすぐに治るのかどうかわからない点、もしかしたら根が深いのかもしれない点、前例がある点でかなり本気らしい。
本気さの度合いは、自分がもしはずれてもいいように、今日の会議に後から来て、一緒に他のマネージャまで連れてきて今のプロジェクトの状態をみて、自分から現状どの点が問題になっているのかを聞いてきた。

たしかに上司は本気らしい。上司が精神内科の先生と話した結果によっては本当に休職になってしまうかもしれない。担当をはずれて、違う仕事をすることや、別の部へ異動する等は考えていたが、休職という点は考えていなかったので、上司から明日からでも休職がベストといわれたときは、絶句した。

実際に働きたくないわけではないし、眠れないわけでもない。ただある人との対応がイヤだという点が大きいと考えているのだが、それだけではないかもしれないと判断されたらどうなるのだろう。

また、担当を外されるということは後に引くことだが、どうするという話もあった。自分の立場や、他の人からの目、これまで相手して来た人たちからの目、これらが後々に残ってくるよと。仕事面で厳しくあんまり部下に関しては大きく干渉はしないように見えた上司だが、ここまでいろいろ考えてくれたのにはちょっと驚いたのと、見直したというか、見方を変えさせた。

とりあえず、現状の業務に関してはどうなるかは、明日以降の判断になるが、プロジェクトももう行き着くとこまでいっているので、外れる方向になるんじゃないのかなと思う。

逆に外れた後、なにをすればよいのか、何ができるのか、一度失った信頼を回復できるのかなどを考えるとかなりつらい。今日は予想していたので、薬を飲んでおいたので、みんなの言葉がフィルターを通してなんとなく、どうでもよいことを言っているような気になっている。ただ、それでも会議で振られて瞬間的な衝動で目の前が真っ白になったりするのはかなり危険な状態なのかもしれない。

休職してバイク買って、どこか遠くへ行ってみるというのもいのかなとか思ったりもしながら書いている。
でもそーなるとローンはどうなるのだろう。生活はどうなるのだろうなどと別の次元の話も出てくるので、そう簡単には休職はできないのだが、上の決定次第なのでどうしたものか。

|

« 続・今日もT-MAX探し | トップページ | ヤマギワソフト館全焼 »

コメント

休職のお話でましたか~。
確かに軽いことではないので、上司や主治医とよくお話されるとよいと思います。鬱などの心の問題って自分では良く見えないことも多いので、自分が思っているよりも根が深い場合もありますから周りの人とよく相談してみてください。
休職は働いてるものが行使できる権利の一つとして前向きにとらえるのがいいかもしれません。

あと休職中の収入ですが、傷病手当という制度があって請求書に主治医の一筆もらって健保に提出すると、2年間まで補填が受けられます。ぼくの場合手当金でローンとか生活費とかまかなえました。
ただし、申請から給付があるまで2ヶ月ほどかかりますので、その分は考えないといけませんけどね。

とりあえずおだいじに。

投稿: azure | 2004.02.10 02:21

-36歳のサラリーマン♂-
 ワタシは3年前に1年間の休職をしました。
その時は、周りの人がフォローしてくれると言うので
それまでの仕事を一切放り投げて休みました。

戻ってからは、別の仕事についてます。
まだまだ沢山の薬を飲んで居ますが、
ギリギリ会社に通って行けてます。

ワタシの場合は、休職をしないと命にかかわったのですが、
それほど休職を怖がる事はありませんよ。
そうなるまで必死でやっていた事は、
周りの人達が、よく知っていますから、
上司の人も理解ある人のようですので、
一時的に休職するのも良い方法だとワタシは思います。
2年とかじゃなく、調子が良くなったら半年で復帰しても
構わないのですから

投稿: しん | 2004.02.10 12:49

azureさんども。
休職中はお金をもらえるとは言っても、今日、バイク屋にT-MAXとりあえず発注かけちゃったんだよなー(ぉ

ただ、いまのままでもよくないし、人生設計見直しもいいかなーとか。実家に行ってまた話をしてみるかもしれません。とりあえず、言い方変ですが、経験してる人がいると心強いです。

投稿: すずらん | 2004.02.10 21:04

しんさん、ありがとうございます。私より2才ほどおにいさんですね。
さすがに命にかかわるほどのことではないのですが、妙な責任感が邪魔するのか、ここでいなくなると困る人のことを考えると自分がなんかやらないと迷惑がという考え方をしてしまうので、それが更に悪循環にはなっているようです。
とりあえず、今すぐにそうなるわけではないし、上司と先生の話し合いもまだですし、現在の担当を離れて違う仕事をしたり、新しく買うバイクを乗り回しているうちに直っているということもあるかもしれません。
まずは、あまり考えないように、やることだけやって、それ以上はやらないっていうのを目標にダラダラとやっています。

コメントありがとうございました。精神的な物は人の言葉や、メールなどで急に悪くなることもあれば、このような励ましにより、気分が非常に楽になることもあります。少し気分が楽になりました。どうもでした。

投稿: すずらん | 2004.02.10 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2990/180687

この記事へのトラックバック一覧です: 精神のバランス:

« 続・今日もT-MAX探し | トップページ | ヤマギワソフト館全焼 »