« 事故の後処理 | トップページ | 自賠責保険の慰謝料 »

2004.02.04

89年式NSR250R

さて、RZ250に乗っていたことはおととい書いたが、このバイクは2ストの楽しさを教えてくれた非常に思い出深いものでした。まあ、2ストバイクの面白さを知ったのは、15才のときに友人の家のRD125を動くようにして、空き地で乗り回してたので、そのときいつかは2ストをとは思っていたのだが。

で、この時期、80年代後半はレーサーレプリカブームがくるわけですよ。フレディスペンサーとかケニーロバーツとか。日本人じゃ平忠彦とか水谷勝の時代ですね。と、なると当然レーサーレプリカなるものに乗ってみたくなるものですな。

つーことで、当時はTZRとNSRとガンマがしのぎを削って、KRが仲間はずれって構図でした。で、当時欲しかったのは88年式のNSR250R。このバイク、250CCの自主規制が45馬力なのに、実際は60以上はでてたんではという話しで、スピードもものすごく出て、かなりの死者が出たという噂がたったものです。本当かどうかは知りませんが。ノーマルのチャンバーからの音も結構良かったですな。

が、探した頃はもう89年になっていたので、89年式となってしまいました。
で、これが買ったNSR。
bike13.jpg

もう一枚。
bike15.jpg

カタログに描いてあるパワーの出方が4500くらいでもう最高の45馬力出てて、そのままレッドゾーンまで、平行に45馬力といういかにも88年の出すぎてたのをカットしましたみたいな図になってるんですが。

たしかに、ものすごく速くで、フレームもフォークもブレーキもカッチリとして剛性が高くすごいものでした。
ライディング姿勢もすごいハンドル低くて前傾が厳しかったもんです。
って、ことで街乗りにはまったく向かないってものでした。

正直言うと、RZのほうが乗ってて楽しかったですな。ということもあったのかもしれないが、今まで乗ったバイクの中で一番短い期間で手放しました。で、これに乗っている間に大きなの乗りたいという欲求がふつふつと沸いて、限定解除にチャレンジしたものでした。まあ、それは後日。

|

« 事故の後処理 | トップページ | 自賠責保険の慰謝料 »

コメント

すずらんさんはNSRにも乗ってらしたんですか。89ですか・・・。(^_^;;
うちのウルフ(フルパワー)もそうでしたが、とにかくなにもかもカチッとしてて剛性が高くて
今までのバイクとは別次元の性能にたまげましたね。
しかしハンドルにしがみついて走る(フロント荷重依存)タイプのバイクは
街乗りが楽しくないので好きになれなくて、レーサーレプリカはもういいやと思って
ウルフを手放してしまったんですよ。
でも今はまたロードバイクにも乗りたいなと思います。

投稿: GRAYHOUND | 2004.02.05 22:06

NSRのってたんですよ。TZRにしようかとも思ったんですがね。レプリカタイプで街乗りはやっぱり無謀ですな。疲れてしょうがない。よって、普通のバイクXJRとかでのんびり走ってみたいなとも思ったりもしますね。あとは、多摩テックとか試験場の休みにやってるドライビング練習に参加してみたいなって気もしないでもないです。

投稿: すずらん | 2004.02.05 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2990/166111

この記事へのトラックバック一覧です: 89年式NSR250R:

« 事故の後処理 | トップページ | 自賠責保険の慰謝料 »