« 交通事故その後3 | トップページ | バイクに乗る人 »

2003.12.25

交通事故その後4

今日はクリスマスですなあ。まあ、あんまり関係ないや…。
今日は会社へ出社しました、が、なんかやっぱりあんまり調子よくないので昼から帰ってきてしまいました。

で、相手側保険会社から電話があり、一応車の方の請求があるという話がきました。実際どのくらい壊れていていくらかかるというのはその場で聞き忘れたのでなんとも言えませんが、とりあえず発生するというなら、自分の保険を使うことも考えなきゃいけないので、とりあえず保険会社へ連絡。

保険会社に聞いたところ、相手の請求があるという場合で、自分の過失を少しでも認めるのならば、間に入って保険を使って過失割合分を支払うということにしてもいいが、自分が過失がないと思っているor避けるまもなくぶつけられたというのならば、10:0とかで言ってみるものよいのではないかと。

また、バイク側は3年たつとかなり査定も落ちるようで、仮に全損となった場合でも過失を認めていると自分のはダメになったのに相手にも払わなきゃならないということになりかねないよとのことでした。

たしかに、自分のがダメになって、相手の配送車は生きているというのもなんとなく腑に落ちないという気もしないでもない状況が考えられます。

とりあえず、バイク屋に電話して、今日保険屋が来てたはずなので、どういう感じだったのかと聞くと、バイク自体は、たぶんハンドル当たりにぶつけられたせいか、車体に関してはそんなにダメージはなさそうだが、走るとやはり謎の異音がフロントからすると。で、この異音の箇所が特定できていないという話でした。

保険屋が出す見積もりではたぶん数万にしかならないだろうと。しかし、現在のスクーター人気などを加味して考えれば、中古車体価格くらいの見積もりをバイク屋としては出すことになると思うとのこと。また、ハンドル、ミラー等すべて壊れている部分を普通に足してもやはり修理費は10万を越えることになるだろうからそのくらいの見積もりは作るという話を聞きました。

と、いうことで、まず一番の問題は自分の過失を認めるか否かという点。これが全てということらしい。
まずは強気に10:0で言ってみるというのはありかなと。

それと今回の事故扱いが人身なのか物損なのかということがまだ確認とれていないので、これは警察に確認をとらないとな。→確認したところ人身扱いでした。

|

« 交通事故その後3 | トップページ | バイクに乗る人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故その後4:

« 交通事故その後3 | トップページ | バイクに乗る人 »