« 交通事故にあいました(TT | トップページ | 交通事故その後2 »

2003.12.22

交通事故その後1

朝起きると、昨日は痛くなかった部分が痛くなってました。打ってない左腕、首の後ろから背筋のあたり。強く打った右肩は上にはあがらない状況で、やかんを持つのもきつい状態。会社には昨日メールしてあるので、とりあえず病院へ。

問診して、吐き気とかないかとか聞かれて、目をつぶって両手を前に水平にしてみる等いろいろやったり、ぐにぐに触った結果、一応レントゲンを取りましょうということでレントゲンを取る。結果は骨には異常なし。打ち身ということで、湿布してもらい、診断書をもらいました。今日はレントゲンを取ったせいか高く30000円越え。うひー。

その後、警察へ行って診断書を提出。ちょうど昨日対応してくれた人と鉢合せになったので、相手側はどう言ってたのか、とか過失の比率とかはどうなるでしょうと聞くと、警察は民事に介入できないから、答えられない。逆に答えてしまうとそれが、保険の比率になってしまうので問題があるから言えないとのことでした。

で、昨日の場面をずーーと思い出そうとしているのだが、右折するまでははっきり覚えているのだが、次の記憶がなんか側面に衝撃があって、飛んでいる状態なので、どういう状態でぶつかったのかがよくわからない。なんで飛んでるんだっていう記憶はあるのだが。

地図をもって再現。
jiko.jpg
自分は右折してまっすぐ行こうとしたところ、電気屋に入ろうとした車に左折巻き込みという状態か。
たしか、左側側道側が結構あいていて、この車は右へ右折するためにとまってるのだろうなと思って、横を抜けようとして巻き込まれたというか、側面から体当たりを食らったというかという感じだと思われる。

帰ってきてからは、自分の保険側と相手側の保険との電話のやりとり、バイク屋への連絡と引き取り要請、相手保険屋へのバイク現物確認の日時決定、自分側保険屋の介入を必要とするかどうかの検討などを行いました。

基本的に左折巻き込みの場合、バイク:車=2:8が原則なので、あとはこの値でOKするかどうかという問題と、相手側がこちらに物損として修理費を請求してくるかという点に焦点が移っています。相手は商業車でダメージも見た感じほとんどなさそうなので、相手請求なしの、2:8比率で終了って感じがします。

物損請求があったさいには、自分の保険屋の出番ということで。
で、今回、人身扱いですか?物損扱いですか?と聞かれたのだが、本人は全然認識してないので、どっちなんだか。Webで調べると自分で人身にするといわないと人身にならないとか、ケガしてれば人身だとかいろいろあってよくわからないですね。

相手側もすごい恐縮して、社長もすぐ謝りにきていたし、こっちも問題あったんだと思うのでなるべく穏便にすませたいところ。

|

« 交通事故にあいました(TT | トップページ | 交通事故その後2 »

コメント

図解どうも、
なるほど典型的な左折時の確認もれですね。
大事に至らず何よりでしたが、後遺症とか怖いので、しっかり治療に専念して下さい。

しかし3万って・・・保険きいてるんでしょうかw

投稿: なかや | 2003.12.23 10:16

そーいうことになっております。>左折
会社から仕事メールがこちらの体のこと抜きに飛んでくるんですが(ぉ
いわゆる自分の保険を使うわけではないので、今は立替ということで。相手の保険屋があとで出してくれます。よって、100%の価格だと思います。

投稿: すずらん | 2003.12.23 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故その後1:

« 交通事故にあいました(TT | トップページ | 交通事故その後2 »